浮気相手の名前の調査法②

浮気相手の名前の調査法①では、ポストの郵便物や登記事項証明書、勤務先情報から名前を確認するやり方を紹介しました。引き続き②でも様々な名前の調査法を取り上げます。

SNSアカウント

浮気相手のSNSアカウントから、本名を確認するやり方もあります。Facebookのアカウントは本名登録が原則となっていますが、実際にはハンドルネームでも問題ありません。

顔写真が見つかるようなら、Google検索をする方法もあります。使用ブラウザがChromeの場合、画像を右クリックして「Google検索をする」で検索可能です。

TwitterやInstagramで公開している画像から、よく立ち寄るお店やスポットなどが見つかることもあります。住所確認→郵便物確認と合わせて行うと良いかもしれません。

浮気相手の自家用車

浮気相手の自家用車が判明している場合、ナンバープレートから名前を調べる方法もあります。運輸支局または自動車検査登録事務所の窓口にて、登録事項等証明書交付請求を行います。

ただし、請求する理由によっては認められないケースもあるのでご注意ください。この方法を利用する際には、探偵や弁護士に依頼することをおすすめします。

携帯電話番号

浮気相手の携帯電話番号から名前を調べる際には、携帯電話会社への弁護士会照会を利用するパターンがあります。ただし、個人情報保護に基づいて開示を拒否されるケースもあるため、確実な方法とは言えません。

地図情報サービス

地図情報サービスの中には、一戸建てはもちろん、マンションの部屋番号の居住者の情報が確認できるものもあるようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です