ゴミ箱から名前を調べる方法

探偵が浮気相手の名前を調査する際に、「ガーボロジー」と呼ばれるゴミ箱から個人情報をチェックする方法を選択するケースがあります。

ただし、一般の人が「ガーボロジー」を行いますと、ストーカー規制法違反に該当する恐れがあります。状態によっては威力業務妨害の罪に問われるかもしれません。絶対に実行しないでください。

浮気相手のゴミを回収する

地域の燃えるゴミの日をチェックして、浮気相手のゴミを回収します。マンションなどでは専用のゴミ収集場があるので、そこから回収することになります。必ず浮気相手であることを確認することが大切です。

ゴミの回収後は、中身を確認して、個人情報が掲載されているものだけを選んで抜き取ります。必要な情報が得られましたら、再度ゴミを収集場所に戻します。

個人情報がわかるゴミとは?

個人情報がわかるゴミには、以下のようなものがあります。

公共料金の請求書

電気、ガス、水道、携帯電話などの公共料金の請求書には、名前や住所や電話番号が掲載されています。

確定申告のために保管する人もいますが、銀行口座引き落としやクレジットカード決済の場合、請求書がゴミ箱行きとなることも考えられます。

カード会社からの明細書

浮気相手がカードローンなどを利用している場合、カード会社からの明細書が郵送で届くケースがあります。

とはいえ、昨今ではペーパーレス化が進んでいるため、紙の明細書は別料金が発生することがほとんどです。唯一例外があるとすれば証券会社との取引明細書でしょう。

その他

給与明細や浮気相手からの手紙、待ち合わせ予定を記したメモ用紙などがあるかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です